マメさんに会いにいく

飛行機は、ほぼ満席だった。
羽田発の高知行き。
機内でふと、懐かしい気持ちになった。
ああ、この感じ、この感じ。久しぶりだなあ、と。
ざわざわ、ひそひそ、お喋りの声が前からも後ろからも聞こえてくる。
後ろのおっさんズは、ゴルフをしてから夜宴会をするらしく、
もうすでに、ウキウキしている。
高知空港に近づいて、低空飛行になったら、
「あ、あれだ、俺らが泊まるの!」
「うん、見える見える」
はしゃぐ様子が、ちょっと笑えた。

思い返せば、飛行機で移動する時、しーんと静まりかえっていることがほとんどだった。
なるべくお喋りは控えてください、というアナウンスも入る。
重苦しい空気だった。
それが、最近のキャンペーンのせいもあって、空気が変わったみたいだ。

今回私たちは、「大心劇場」のマメさんに会いに行った。
大心劇場は、すごいロケーションにある。
マメさんに会いにいく_c0402074_14151110.jpg
マメさんに会いにいく_c0402074_14144237.jpg
マメさんに会いにいく_c0402074_14152455.jpg
安芸郡の安田町。
写真の通り、え?ここに映画館があるの? と思うような道を進む。
橋の手前に、マメさん手描きの看板があるので、かろうじて、ここでいいんだ、と安心できる。
安田川がすぐ横を流れていて、反対側は山の斜面という場所だ。
わざわざ行きたくなる映画館。それが、大心劇場だ。

マメさんと私たちが呼んでいるのは、劇場主の小松さん。
「豆電球」という名前のシンガーソングライターでもある。

私たちが行った日も、映画上映の後にマメさんがギターを持って舞台に上がって一曲披露してくれた!
(なんとその日は、映画のお客さんも舞台に上がって一曲歌った!)

マメさんとの出会いは、もう10年くらい前になるだろうか。
映写技師でお弁当の人はいないかな、と探していた時に大心劇場を知った。
残念ながらマメさんは、お弁当持参ではなかったのだが、
「よく来るお客さんは、弁当を持ってきて映画を観ながら食べてるよ」とのことで、
そのお客さんである八田さん夫婦を紹介してくれた。
(書籍の「おべんとうの時間(2)」に、八田さんの記事掲載)

なんと、映画を観ながら夫婦ふたりで手作りのお弁当をつついていたのだ。
太陽がぱーっと出て明るくなった時に、おかずの位置を確認しておく、というから笑った。
ある時マメさんが、これ使いや、と手元のライトを貸してくれて、
以来、それで手元を照らしながら食べているという話だった。
あの時は、お弁当を食べたい人は、一番後ろの席でゆっくりどうぞ、という感じだったが、
今回行ったら、普通の座席に可動式のテーブルがいくつか用意してあった。
「これがあれば、弁当を食べやすいでしょ」ということだった。

あのおべんとう取材の後も、高知を訪れる時には、
ちょっと足を延ばして、マメさんを訪ねて行った。
娘も一緒に家族3人で立ち寄った時には、
「じゃあ、阿部さんファミリーに歌を送ります」なんて言って、
ギターを弾きながら、即興で歌ってくれたこともあった。
あれには、私たち一同大感激だった。
誰かが、あなたに会えて嬉しいよ、というのを歌ってくれるなんて、
(しかも、かっこよく)
普通では経験できないもの。

というわけで、久しぶりに会ったマメさんとの時間は、
最高だった。

マメさんに会いにいく_c0402074_15145391.jpg
高知をうたう、マメさんの新しいCDです。
マメさんに会いにいく_c0402074_14153990.jpg












# by naomiabe2020 | 2022-11-24 15:16 | | Comments(0)

カメムシ

家のトイレに入ったら、すみっこでもぞもぞ動くものを発見。
ふわふわした生き物?
よくよく見ると、ひっくり返ったカメムシのお腹の上に、埃のかたまりが・・・。
埃のせいで体勢を戻せずに、ばたばた暴れている。
なんともいえない面白さで、しばし見入ってしまった。
(その後、ティッシュに軽く包んで外へぽいしました。どっかに行って生き延びておくれ)

娘とこの前喋っていて、このカメムシの話題になった。
最近泊まらせてもらったお宅のあちこちに、カメムシがいたらしい。
「あっちを見てもこっちを見ても、カメムシがいたんだよねー。
まあいっかーって思って。一晩寝て朝起きたら、顔の上にカメムシがいた・・・へへへ」

へへへって、あなた・・・・・マジですか?
母さんはちょっと感動した。
都会育ち(とも言えないけれどさ)の娘が、今いる土地にすっかり馴染んでいるではないか。

寒くなってきて、カメムシたちが家の中に侵入してきているのだろうな。

というような話を夫にしたら、「オレさ、東京育ちだからカメムシってほとんど見たことないんだよね」
なんて言う。
いやいや、絶対そんなことないはずだ。

# by naomiabe2020 | 2022-11-24 14:13 | 日々のこと | Comments(0)

お弁当甲子園の表彰式

「お弁当甲子園」の表彰式が行われた、日曜日。
朝からバタバタの阿部家。
早めに最寄りの大船駅に行って、
ゆっくりコーヒーでも飲みながら、サンドイッチでもつまんで、
最後のおさらい(講評でしゃべる予定なので)でもしましょうか、とサトル君と予定していた。
「9時過ぎに家を出るよ」「オッケイ」というわけで、
準備万端、さあ出ようか、とオットを見ると、
まだパジャマ姿で、ひとりひとりの作品と向き合っている・・・・・・。
マイペースさとる。
そこから、彼は全速力で(たぶん)準備をし、
しびれを切らした私は、2人分の自転車を進行方向に向けて、
まだ来ないので、自転車にまたがって待つこと・・・・・数分。
やっと玄関から出てきたぜ、と思ったら、すーっと戻っていき、
なんとまあ、靴クリームを出してきて、
わざわざ太陽の下で、お出かけ靴に塗り始めたではありませんか!
自転車にまたがる私は、目がテン。

まあ、よしとしましょう。
駅で走る羽目になったけれど、
コーヒーとサンドイッチの時間もとれたので、オッケイ。

そして、学園祭で賑わう鎌倉女子大で、
「お弁当甲子園」の授賞式が無事に行われました。

なんと、今年の応募総数は9651作品。
そのなかで、最優秀賞、特別審査員賞、優秀賞、入選の
17名の高校生が授賞式に参加してくれた。
文字通り、北海道から沖縄まで。(すごい!)

お弁当の写真とコメントを見ながら、
どんな生徒さんなのかなあ、と想像しながら審査をしてきたので、
実際に会える喜びは、本当に大きい。

授賞式の様子と、作品は、こちらから。


https://www.kamakura-u.ac.jp/sys/news/2022/11/11-2.html


https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/9310

授賞式では、サトルさんが入賞者全員にインタビューをする、という時間が用意されていた。
本人の力の入りかたは、朝のバタバタのとおりで、
前の日には、作品を肌身離さず持ち歩き(!)、お弁当を見ながら、
どんな子なのかなあ、とか、マカロニをぴーぴー吹いた時のことをいろいろ聞かなきゃ、とか、
鮎はどんな食べ方が一番好きなのかな、とか、自治会長さんのために弁当作ったなんて面白いよ、
それで、自治会長さんってどんな人だったんだろう、などなど、
想像を膨らませていた。

その気合がちょっとした暴走を生み、突っ走る。
まあひと言で言うと、周りをヒヤヒヤさせながら、時間オーバー。
時間のことが、ふっとんでしまったようでござった。

質問責めに一生懸命こたえてくれた高校生のみなさん、
ありがとう!
とても楽しい時間でした!

サトルさんは、帰りの電車でしゅん、としておりました。
でも、本当にいい時間を過ごせて嬉しかった。


お弁当甲子園の表彰式_c0402074_16013484.jpg












# by naomiabe2020 | 2022-11-09 16:14 | ライターの仕事 | Comments(0)

お弁当甲子園

最近は、「○○オリンピック」とか「○○甲子園」が流行りだ。
この前、サトルさんが出たサラメシを見ていた時も、
従業員の方の口から出た言葉に、思わず笑ってしまった!
京都のしば漬けを作る作業場で、茄子に塩を振って全身を使ってかき混ぜていた。
夏の真っ盛りで、そうでなくとも暑い。
気持ちのいい汗をかけますよ、と言い、
自分たちにとっては、この作業は毎年の甲子園みたいなもんだ、というようなコメントだったと思う。
言った本人も、照れ臭そうに笑ってた。
見ているこっちも、思わず笑って頷いてしまう。
ちょっと違う気もするけど、すごくわかる気もする。
甲子園、という言葉は、本気度の高さが込められていて、
それくらい、真剣勝負ということだ。
そして、爽やかなかんじもする。

甲子園は甲子園でも、こちらは「お弁当甲子園」である。
ここ最近、来る日も来る日も応募作品と向き合い、
ようやく先日、審査を無事に終えた!

鎌倉女子大主催の「おべんとう甲子園」が、
今年で11回目を迎える。
僭越ながら、私たち夫婦も審査員として参加させてもらっている。
毎年、応募数が増えていき、
今年は1万件に届きそうな勢いだったというから、驚いてしまう。
嬉しい悲鳴とはこのことだ。

対象は高校生。
誰かのために実際に弁当を作り、写真に撮る。
お弁当に込めた想いを300文字以内で書く。
応募用紙に貼り付けて送るか、ネットで応募。


荒選考を通過した600点弱のなかから、直美賞とサトル賞も選ばせていただくのだが、
これは私たちの独断で決定できる。
きらり、と光る作品に出合いたいから、こちらも真剣だ。
本当に楽しい。

私は料理家でもないし、栄養学的な素養もないし、
主婦として大した料理の腕前もないのに、このような機会をいただいているのは、
ひとえに、弁当を撮りたいというモノ好きな夫がいて、
共に弁当を追い続けてきた20年、があるからだ。
我ながら、面白い歩みだと思うのだけれど、
料理に詳しくないからこその視点があるんじゃないかと思い、審査をさせてもらっている。
正直、私たちの手元にくるお弁当の数々は、
私の作る弁当よりも、ずっと凝っていて美味しそうだ。

でもまあ、そんななかでも、時々おや?と思うものがある。
夏バテの母へ作ったおにぎらずの具が、
「生ハム、チーズ、トマト、シソ」と書いてあったりして、
これは、ご飯の具に合うのだろうか。
まずくないか? 意外にいけるのか? と、頭の中がぐるぐるする。

そうかと思えば、
「ハムとチーズを交互に重ねて家族の絆をイメージしました」というおかずが登場する。
まさか、ハムとチーズにそこまでの思いが込められているとは・・・・・。
黄色いチャーハンを作った子は、
部活を頑張る弟に向けてエールを送る弁当だったと思うが、
黄色は光をイメージしていて、「光に包まれる」気分を弟に味わってほしい、というようなコメントだった。
へえ、とか、ほお、とか感心しながら文章を読ませてもらい、
味を想像する。

いつもお母さんは美味しい弁当を作ってくれるけれど、
自分の分は、あまったご飯をおにぎりにして持って行くだけ。
だから今回は、お母さんに作りました、
なんていうのを読むと、じーんときてしまう。
時々、ほろりとしてしまうこともった。
「おべんとう」なのに・・・・・。
家族が、垣間見えるからだ。
ちょっとしたコメントのなかに、いろんな家族が見えてくる。
高校生は、普段はそんな素振りも見せないのかもしれないが、
親、兄弟、おじいちゃんおばあちゃんの姿を見ていて、
心配したり、心を痛めたり、力になりたいと思っているのだなあ、ということが伝わってきた。
審査が終わってしまって、ちょっと寂しい。
来月の表彰式に、入選の生徒さんたちと会えるのが楽しみだ。

みなさん、応募ありがとうございました。
入選できるか、できないか、は問題じゃありません。
このお弁当を作ってもらった人は、そりゃあ嬉しいだろうなあ、
美味しかっただろうなあ、と想像しました。
全国のあちこちで、そんな時間が繰り広げられたと思うと嬉しい!

こちらは、前回のお弁当甲子園の結果です。
   ↓
https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/8175




# by naomiabe2020 | 2022-10-19 12:06 | ライターの仕事 | Comments(0)

奈良で、熊さん

奈良では、時間に余裕があったので「くるみの木」でごはんを食べよう、と決めていた。
もう何年も前に奈良を訪れた時に、喫茶室でお茶を飲んだ記憶がある。
ネットで場所を調べたら、「鹿の舟」が出てきた。
知らなかった。新しい場所ができているんだ、と意気込んで行ってみたら、
予想通りの人気店で、1時間近く待って「竈」という食事処でお昼ご飯をいただいた。
茄子の田楽の定食。
待っただけのことはあった。田楽の味噌だけでご飯がもう一杯食べられそう。
野菜ずくし、やさしい味付けで、
暑さでへろへろになっていた身体が、みるみる元気になった!

さて、ここで驚きの出会いが・・・・。
https://www.kuruminoki.co.jp/shikanofune/saezuri/information/2022/10/news6480.html
(クリック、できますか?)
私、いつもうまくいかないので、写真も。こちら。


奈良で、熊さん_c0402074_13551511.jpg
「鹿の舟」の敷地内のカフェで「熊さんかい」をやっていた。
木彫り熊の作家さん3名の作品が展示されてあった。
そのなかのおひとり、高野夕輝さんは、「おべんとうの時間」の9月号に登場いただいたばかり。

https://www.ana.co.jp/serviceinfo/share/digital-media/pdf/tsubasa_202209_ja.pdf

北海道・鹿追町(あ、ここでも鹿!)にある工房におじゃましたのは5月。
奥さんの佳子さんとふたりで建てたという工房も、かっこよかった。
十勝連山と畑、野原に囲まれて、「削る」ことにとことん向き合う高野さん。
取材の日、白い綿毛(柳の木の種類らしい)がそこらじゅうをふわふわ漂っていて、
一体ここはどこなんだ? 夢の中にいるのか? と思うような、特別な時間だった。

「翼の王国」はこの10月号から、新しくなった。

奈良で、熊さん_c0402074_14362789.jpg
サイズが少しばかり大きくなり、B5判に。
コロナ禍になってからは、飛行機の座席ポケットには常備されておりませんので、
「翼の王国ください」と客室乗務員さんにお声がけくださいませ。
(大きな声で、ぜひ。え? 翼の王国ってなくなったわけじゃないのね、と周りの皆さんに気づかせてください)

リニューアルとなりましたが、ありがたいことに「おべんとうの時間」は続いております。
10月号は鳥取県八頭町の藍染師・西山さんのおべんとうです。
先輩たちから藍染を引き継いだ、女性たちの集団「ちずぶるー」。
私たちも、藍の葉の収穫に立ち会うことができました。
(ここで、あれ? と気づいた方は、さすが。
この藍の収穫の朝、私はぶよに噛まれました・・・・・・。とほほ。まだしっかり茶色く形跡は残っております)

https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/share/digital-media/
(「翼の王国」 「eライブラリ」で検索を)










# by naomiabe2020 | 2022-10-10 14:51 | | Comments(0)

フリーライター阿部直美のブログ。カメラマンの夫とともに、「お弁当」を追いかけて日本全国を旅しています。日々のちょっとしたことを綴るブログです。


by 阿部直美